コラム

夏太りを予防するためのダイエット方法

夏場は冬に比較して基礎代謝の能力が低下する傾向なので、基礎代謝の能力の向上を意識したダイエットを行う事が前提です。

飲み物は摂取カロリーの少ない麦茶に留めておいて、アイスクリームは摂取しない事が原則です。

ジョギングなどの外で行う運動は、夏場に特有の熱中症を防止するために朝を中心に行います。

朝にジョギングなどの有酸素の運動を毎日のように行うと、朝から晩まで基礎的な代謝の活性に繋がりやすいからです。

仕事や家事などを除いた時間は、サウナで基礎代謝の向上に努めたり、プールで運動をする事が望ましいです。

ジムなどで行う筋肉トレーニングなどの無機的な運動も良いです。食事に関しては、1日に摂取する炭水化物の量を把握しておきます。

体重や代謝の能力に応じて、栄養士などと相談を行ったり、健康的な料理を本などで研究して、健康的な料理を作れる努力をします。

最初は大変なので、置き換えダイエットなどの腹持ちがいいダイエット食品を食べるのもいいと思います。

日々の体重を定期的に測定して、体重の増減で食事の量を変化させるのも良いです。

冷たい飲み物よりも、やや熱めのお茶や常温のお茶などを飲む方がダイエットに望ましいです。

近年流行している炭水化物を抜いたダイエットは行わないで、1日中動けるぐらいに自分に適した量の炭水化物を取っておく事が望ましいです。

出典:腹持ちのいい置き換えダイエット食品比較ランキング | 満腹感で選ぶ

標準